設立方法と料金

一般社団法人の設立方法とかかる料金について

「法人」の一つである「一般社団法人」を設立する方法と、それにかかる料金について見ていく前に、よく比較される「株式会社」との違いについて見ていくことにしましょう。一般社団法人と株式会社には、主に4つの違いがあります。まず、法人の発起人が前者は2名以上必要ですが、後者の場合は1名からで良いことになっています。また、株式会社は出資金を用意する必要がありますが、一般社団法人の場合は出資金を用意する必要がありません。また、設立にかかる料金や剰余金の分配などに違いがあります。この2つは同じ法人ですが、前述のような違いがあるため、きちんと区別出来るようにしておきましょう。

さて、一般社団法人を設立するにあたり、大まかな手続きの流れを確認しておきましょう。まずはじめに行うことは、「法人の基本事項を定める」ことです。具体的には、法人名や事務所の所在地、法人の目的、理事、監事、理事会などの設置、公告方法、事業年度などが該当します。手続きに入る前に、これらの事項は必ず決めておきましょう。

法人の基本事項が決定したら、今度は「印鑑証明書」を取得します。印鑑証明書を取得するには、事前に印鑑登録を行う必要があります。印鑑登録が済んでいない場合は、登録したい印鑑と身分証明書を用意して市区町村役場に行って手続きを行います。
印鑑証明書の発行が済んだら、今度は法人の代表印を作成します。一般社団法人の設立にはこの法人代表印が必須であり、法人名が決定したら直ちに作成する必要があります。法人代表印は、最寄りの印鑑屋さんに行って作成してもらいましょう。

ここまでの手続きが終了したら、「定款」というものを作成します。聞き慣れない言葉ですが、簡単に言ってしまえばこれから設立する法人がどのようなものかについての基本規則のことです。いわば、法人として守るべきルールを定めたものが定款です。定款を作成したら、法人の事務所の所在地を管轄する「公証役場」に行き、定款の認証を受ける必要があります。公証役場からの認証を受けて、初めて定款が有効となるのです。

その後は、登記申請書類を作成し、法務局に提出します。この書類を提出した日が一般社団法人の正式な設立日となります。提出後、補正日までに法務局から連絡がなければ、一般社団法人が無事出来たことになります。
そして、一般社団法人にかかる料金は、前述の定款認証にかかる手数料「50,000円」と、定款謄本代「約2,000円」、登録免許税「60,000円」などです。その他、法人代表印の作成などの料金も加味する必要があります。”


Copyright© 2016 一般社団法人設立のとき役員に報酬を支払う際の注意点 All Rights Reserved.