非営利型の設立

非営利型の一般社団法人の設立について

非営利型の設立世の中には非営利団体と呼ばれる段階が数多く存在しています。最も有名な団体としてはNPO法人が知られていますが、もっと手軽に設立することが出来る上に事業運営を行う上で制約が少ない事業を行うことができる非営利型の法人として一般社団法人が存在しています。この一般社団法人は近年になって設立可能に合った新しい種類の法人格ではありますが、非営利団体としては非常に設立しやすい仕組みが存在しているため、様々な活動を行う団体がこの法人格を主として活動を行っています。
この一般社団法人は非営利型であるという特徴を除けば一般の企業とそれほど大きな違いはありません。

NPO法人の様に義務付けられている事項は多くありませんので、普通の会社とあまり変わらないと感じる人も少なくありません。ここで言う非営利型と言うのはいわゆるボランティアを意味するものではありません。あくまでも一般社団法人としての活動に対して誰かに配当を出すということをしないというのが非営利であるということを意味するのです。そのため一般社団法人で働く職員は正当な対価を受け取ることが出来ますし、利益を追求した活動を行うことが出来ないわけではないのです。あくまでも出資者が何らかの形で利益を得ると言う配当を禁止している仕組みになっているということを意味しているのです。この仕組みは利益を追求して、いわゆる株主などの出資者に対して配当を支払って行こうとする株式会社の仕組みとは大きな違いが存在しています。

一般社団法人との一番の違いはこの様な部分にあると言えるでしょう。
非営利団体の場合、個人的な規模で活動を行うことも少なくありません。しかし個人では相手にしてもらえないというケースも少なくないのです。また定期的に代表者が変更になるスタイルの組織の場合、団体の運営資金の口座名義などの問題も発生してきますし、団体の資金であるにも関わらず個人名義で資金管理をしなければならなくなるという問題に直面することもあります。

個人での活動にはこの様に様々なトラブルと隣り合わせであるという特徴があり、この問題を解決するために一般社団法人の設立と言う道が残されているものであると言えるでしょう。より向社会的な活動を行う場合には公益社団法人やNPO法人と呼ばれる条件の厳しい法人格の取得を目指すのも一つの手段であると言えるでしょう。この様な道を選ぶことで制約は増えるものの、信頼の程度を高めたり活動しやすくすることが可能になります。


Copyright© 2016 一般社団法人設立のとき役員に報酬を支払う際の注意点 All Rights Reserved.